降っても晴れても

好きな本や映画についてごにょごにょ書きます

ラブソングは歌わない―『アナと雪の女王』感想

久しぶりのブログ更新です。

 

アナと雪の女王』を吹き替え、吹き替え、字幕と3回見てきました。

 

映画館で同じ映画を3回も見るのは、

はじめてのことなので、ちょっとした感想を書いておきます。 

 

全体的な感想としては、

ディズニーもついにここまで来たか!と言ったところです。

 

異性愛から姉妹の絆 (sisterhood) へ。

「真実の愛」を従来の異性間のものではなく、

姉妹間のものとした点は、ディズニー映画において

画期的な展開だったことは間違えないでしょう。

 

映画を見る前から、ハンスとアナは結ばれないんだろうなとは

思っていたのですが、ハンスが今回のヴィランだったとは意外でした。

 

しかし、最近のディズニー映画におけるヴィラン

ド派手な魔法で主人公たちを圧倒することはあまりなく、

どちらかと言うと心理戦に持ち込むようになったのは、

面白い傾向だなと思います。

 

前作の『塔の上のラプンツェル』において

ラプンツェルを苦しめるのは、

端的に言ってしまえば、「母親の支配」でしたが、

今回の作品では、ついに従来美しくて尊いものとされてきた

異性愛」が悪用されるというロマンスもへったくれもない展開に…

 

ディズニー自らのアンチテーゼと言える『魔法にかけられて』のOPナンバーで、

「いつか王子様がくれる幸せのしるし」とまで歌い上げていた

「真実の愛のキス」をあそこまでコケにするとは、さすがにビックリでした。

 

さて、字幕と吹き替えと見た訳ですが、

それでちょっと気になったのが、アナとエルサの父親。

 

吹き替え版では、理解のあるやさしいパパと言えなくもないですが、

字幕で見ると、セリフからして露骨に

エルサを抑圧しているように見えて仕方なかった。

 

For The First Time in Foreverとreprise、Let It Go の歌詞、

そして、セリフでもエルサが何度もくり返しているのが、

 

Conceal

Don’t feel

Don’t let them know

 

という三か条。

 

これが最初に出てくるのが、幼いエルサが手袋をはめる場面であり、

これを最初に口にするのは、国王であるエルサの父親。

(吹き替えだと、この辺ちょっとわかりにくい。)

 

この点で、エルサは、「ありのまま」を隠し、

感情を抑え、人の目に触れないよう、

“the good girl” であることの呪いを

父親によってかけられたと言える。

 

ラプンツェルでは、異性愛によって「母親の支配」から

解放される過程が描かれていましたが、

アナにおいては、王位継承権を持つエルサが

ある種「家父長的な支配」から解放されることが

目的とされていると言えるし、そうなるともう異性愛は、

エルサにとって救済とはならないんだなと思えて来る。

 

まぁ、こう言ったことを考えるのも楽しいんですが、

もう一点気になるのが、クリストフのキャラクター。

 

個人的には、クリストフは顔も性格も大好きなのですが、

一番気になるのは、なぜ彼は歌わないのか。

 

とりあえず、一曲だけ歌っています。

トナカイのスヴェンと『トナカイのほうがずっといい』

クリストフ、歌上手いんですよね。良い声です。

 

最初一緒に見に行った友達が、

「もっと歌ってほしかった」と言っていたので、

確かになぁぐらいにしか思っていなかったのですが、

よくよく考えてみるとちょっと妙です。

 

思い直してみると、先に挙げた『魔法にかけられて』でも

バツイチ弁護士のロバートは「歌わない」と宣言していたし、*1

ラプンツェルのフリンも「歌わない」と宣言していた。

でも、結局この2人は歌うんです。ラブソングを。

 

魔法にかけられて』の方では、突如歌い出すジゼルに

飽きれているマークですが、映画の後半、舞踏会の会場で流れている

『そばにいて』をちょっと口ずさみながら、ダンスする。

一方、ラプンツェルでは、「歌わない」と言っていたフリンですが、

最終的に『輝く未来』をラプンツェルとデュエット。

 

ラブソングは、従来のディズニー映画において 

「真実の愛」で結ばれた男女の気持ちが

最高潮に達したときに歌われるものであるにも関わらず、

アナにおいて、ラブソングと言えるものは、

アナとハンスの『とびら開けて』のみだけであり、

しかも、この2人の愛は「偽りの愛」である。

 

こう考えると、クリストフがトナカイへの愛を

歌うことしかしないのは、非常に興味深い点だと思います。

 

アナと雪の女王』は、ディズニー映画史において

異性愛」という呪いから、自らを解き放った作品であると言え、

わたしとしては「いいぞ、もっとやれ!」と思うのですが、

これだけの作品を作ってしまったからには、

次、ディズニーはいったい何を出してくるのかなという気持ちにもなってきます。

 

魔女生成の過程を描いたと思われる

アンジェリーナ・ジョリー主演の『マリフセント』も

夏公開のようですし、ディズニー映画の今後がたのしみです。

*1:そう言えば、エルサ役のイディナ・メンゼルは、『魔法にかけられて』で、おとぎ話のような恋愛を夢見るキャリア・ウーマンの役でしたね。